夜勤勤務の実際 - ある派遣看護師の体験談

看護師派遣 > 派遣看護師の夜勤の大変さと仕事量

派遣看護師の夜勤の大変さと仕事量

私は総合病院と療養型病院の勤務経験があります。看護師の仕事は大変ハードだと言われていますが、ここでは夜勤の大変さと仕事量についてお話をします。
転職を選ぶ看護師はどんな理由で退職しているの?

総合病院での夜勤は時間との闘いになります。3名勤務で8時間の時間の中で時間毎にしなければならない仕事が決まっていました。予定通りに仕事が進む日もありましたが、容態の急変や手術後の看護がある場合は職務をこなせませんでした。同じ夜勤の同僚に手伝ってもらて、ようやくこなせることも多かったです。

朝になると日勤勤務のナースに申し送りをしてカルテ記入をしますが大抵が残業です。9:30までの勤務であっても昼過ぎまで仕事をしていることもありました。患者様のカルテを医師や他の看護師が使う場合は待ち時間が発生するからです。

自分自身が勤務時間内に業務を完遂できなかったので日勤勤務のスタッフの邪魔になってはいけないからです。当然、残業手当はでるはずもなく新人時代の不慣れな夜勤はこんなパターンの時間外労働ばかりでした。

仮眠の時間はあるのですが、とてもじゃないけれどそんな時間はとれず休み時間は数分の食時間だけでした。

少しずつ夜勤勤務になれてくるとコツを覚えて勤務時間内に仕事を終えることができました。けれども患者様の容態が急変した場合はどうしようもありません。先輩ナースが残っている場合でも先に帰宅することもできません。出来る限り手伝って残務処理を手伝いました。
香川県看護協会

一方の長期療養型病院では夜勤勤務は16時間でした。看護師1名とケアワーカーと呼ばれる介護者2名との3人勤務でした。ケアワーカーは看護師ではありませんから看護業務をすることはできません。点滴の管理や薬の管理は看護師がひとりで全責任を持ってしなければなりません。

患者様の容態が急変した場合でも看護師1人で対応するわけです。ケアワーカーができることは生活援助のみで、例えばおむつ交換などがあります。自分で身体を動かせない患者様の体位変換や朝食の準備はナースコールの対応だけです。

ナースコールに関しても医療的な処置が必要ならばケアワーカーではできないので看護師の仕事になります。医療行為は全て自分の責任になりますから慣れるまでは緊張の連続だったと記憶しています。

総合病院と違って長期療養型病院は症状が落ち着いている日は、さほどの仕事もなくスタッフ同士の話が長かったりするのです。そんな夜勤の日は2時間程度の仮眠がとれました。